井上千鶴の言葉

井上千鶴のことば

 

  桜

  寒い寒いと言っていたのが、今週になって日一日と夏に向かうような勢いです。
  町中の枝垂れ桜から、住宅街のあちこちに点在する染井吉野や街路樹の八重桜が
  一斉に咲き始めました。
  今日も車を走らせて近くのガソリンスタンドに入ると、川を隔てた目の前は、桜と
  雪柳が交互に咲き乱れています。
  年月を経た大木の桜並木が何百メートルも続いているのです。壮観な風景です。
  多分、住宅や大きな道路が出来る以前から生きて来た桜達なのでしょう。
  この季節、その生命の歴史を思い起こさせるかのように花を咲かせます。
  ひとときの盛りの時です。
  そんな事を考えながら給油を終え、又、車中から道路の風景を見ていると桜の花の
  足元には、枯れた かるかや や、薄木の枯れ葉が、風に揺れています。
  これはいただけない景色です。
  やはり満開の桜の周囲は、すっきりと枯れ草のない所で咲かせたいものです。
  手入れが行き届いていないのを見るのは悲しい事です。
  美しい物は、美しい環境に在って欲しいと思います。
  昔の人々は自宅、自庭、そして、周囲も含めて手入れをしたのではないのでしょうか。
  私達もそう在りたいと思います。
  次の雨が来るまで、何日桜が楽しめる事でしょうか。
  混雑する中を出かけなくても、近辺の桜を愛でるだけでも心安らかに微笑みたくなるのは、
  私だけでしょうか。
  良いお花見を!!

 




PICK UP

  1. からだ想いごはん
  2. 京都伊勢丹イベントのお知らせ
  3. 西大寺店 シトラスパフェ
  4. からだ想いごはん
  5. からだ想いごはん

取扱商品

  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
PAGE TOP