井上千鶴の言葉

井上千鶴のことば

こぶし ブログ   病院にて   70才にして、人生3度目の手術に向います。 一度目は、お産、二度目は、虫垂炎、そして今回。 この間40年余りの年月が空いています。 嬉しくない久し振りの手術です。 考えてみれば、博道、友人、知人、多くの人が年を重ね、 病を患い入院、手術という体験をしているのですが、私は幸い今まで元気で、 ほとんど、その経験がないだけ、不安な気持ちがいっぱいです。 しかし、70才まで全く元気だった事の方が、ありがたい稀有な事で、 この年になれば病気の一つや二つ持っているのが、当り前なのかもしれません。 最も近しい人であった博道は、五臓六腑、ほとんど問題があった人で、 75才の時には、胃を全摘出しても元気に復活した人でした。 本人は、いつもいつも、今 私が感じているような気分を何度も、何度も 繰り返し味わっていた事なのでしょう。 その時、私は、そのような思いやりの気持ちが持てなかった自分に 反省と後悔するばかりです。 余り、後ろ向きな事ばかりを考えても、気が晴れません。 この手術が終わったら・・・という前向きな何かを考えましょう。 仕事の面、家庭生活の事、友人との会合、植物の事、等々、その時々の 喜び、楽しみをもっともっと見つける感情を持たないといけません。 どうしても何々をしなければいけない という義務で動いている毎日のような 気がします。 そうではなく、これがしたいから何をしようという積極的な楽しみの為に動く 自分を作りあげたいと思います。 入院して3日目の今朝9時から手術が始まります。 この間、3日間いろいろな事を考えました。 今迄あった事、人との交わりの事、子供との事、会社の事、幼い頃の父母、 家族との事、しかし、今、こうして生活している延長線上にある幸せを、 どのように考え大切にして、自分の人生を終える方策とするのかを考える時、 先ほど言った「楽しみの為に行動する」を大切にして行きたいです。 30周年の楽しみの為に、手術も終え、又、元気な自分に戻りたいと願っています。



PICK UP

  1. からだ想いごはん
  2. 京都伊勢丹イベントのお知らせ
  3. 西大寺店 シトラスパフェ
  4. からだ想いごはん
  5. からだ想いごはん

取扱商品

  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
PAGE TOP