井上千鶴の言葉

井上千鶴のことば

逕サ蜒・003   鴨とお茶   先週の日曜日、半日予定のない日が出来ました。 明日は、ゆっくり好きな事が出来ると思うと前晩から何をしようかと 心ウキウキと、読みたい本を出したり、近くを歩こうかと考えたり楽しい一時です。 さて、家事を手早く終え、念願の風炉に火を入れ、釜を掛けて、 一人で気楽にお茶を点てる事にしました。 薄茶点前で、昔、何度もお稽古しているはずなのに、これで良かったのかな?と、 手を止めて、考える始末です。古い本を出して来て、手順をなぞり、ようやく、 自服をする事が出来ました。 たどたどしい、お稽古ながら、一時いろいろな雑念を忘れ、正座して、お茶と 向き合う、それも一興です。 この日は、朝起きがけに、鴨のつがいが、一組ごく近くの空地の草むらに、じっとして、 何かを思案しているように居ました。 その内、雌の方が、かがんで(座って)卵を産むのかと思うような態勢をとりました。 じっと見ている事も出来ず、朝食を終え身支度をして見に行くと、跡形もなく 二羽の鴨は居なくなっていました。何を思って、草刈りをしたばかりの草むらに 二羽のつがいが2時間程も佇んでいたのでしょう。 その様子を見られただけでも、ほのぼのとした気持ちになれ、その上、 拙いお茶を点て季節の水無月のお菓子をいただき、良い一日を過せました。



PICK UP

  1. からだ想いごはん
  2. 京都伊勢丹イベントのお知らせ
  3. 西大寺店 シトラスパフェ
  4. からだ想いごはん
  5. からだ想いごはん

取扱商品

  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
PAGE TOP