井上千鶴の言葉

井上千鶴のことば

1-た-50347 花 真竹 竹の子2016.5.31   二月も半ばになり、いよいよ寒さも底の毎日です。 スーパーマーケットの魚売場では、蛍烏賊や かますご が、並べられ 春到来を思わせます。又、野菜売場には、菜花やせり、たらの芽 そして、小さな竹の子の走りが出て、貝と一緒に酢味噌和えや、胡麻よごし、 おつゆの実にも美味しそうだなと、どんどんと春めいた食卓が目に浮かびます。 日本料理をするのに一番楽しい時期です。 先日、友人宅で夕食をご馳走になった時は、鰤しゃぶ で、春の一歩手前の お鍋で、それはそれで、美味しい冬の締めくくりの一品でした。 御主人が、中々の美食家で魚料理では、自慢の腕を振るい季節の逸品を いただきます。御齢82才で、現役のカメラマンでもある彼は、毎朝、今日は 何を食べようかと思案するとか。 食いしん坊の博道も75才を過ぎた頃からは、同じような事を言っていたなと思い 出します。私は今年70才になりますが、まだ、その境地になれないのは、 煩悩のせいでしょうか。 三寒四温の言葉は、もう少しおあずけですが、少しづつ春の気配のするこの頃です。



PICK UP

  1. からだ想いごはん
  2. 京都伊勢丹イベントのお知らせ
  3. 西大寺店 シトラスパフェ
  4. からだ想いごはん
  5. からだ想いごはん

取扱商品

  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
PAGE TOP