井上千鶴の言葉

井上千鶴のことば

b_stk00602016.5.31   「この世界の片隅に」   今日は、この冬一番の寒さの上に、雪の舞う朝を迎えました。 昨日、今話題のアニメ「この世界の片隅に」を見ました。 映画館内のほぼ満席の観客は、私のような戦後間もない世代と中、高校生が多数で 占められていました。 アニメ映画を見るのは、多分、ディズニーの101匹わんんちゃんの頃以来かなと 記憶を探っていました。が、音楽と共に映像が始まると優しい音と、ふんわりとした絵に 引き込まれてゆきました。 戦前から戦時中にかけての「普通」の人々の生活、心の動きがほのぼのとして、 可愛らしい画と音楽で綴られます。 主人公の鈴(すず)さんは絵の得意な普通の田舎町のぼ~っとした「普通」の娘さんです。 その時代の日本の乙女でした。 戦争の悲惨さや残忍さは、あえて表現せず、既得の事実として、「普通」の女性、 鈴さんを追ってゆきます。 戦前の無垢な少女時代から、夫の人となりも知らないまま、嫁となり家の為に働き 戦争を体験します。 片手を爆撃で失っても尚、優しい夫や、浮浪児と共に終戦を迎えます。 自分の置かれた立場を肯定し(のみ込み)精一杯その中で、生きる戦後の人々の姿が 描かれ、涙が止まりませんでした。私達世代の人々は、このように思ったのでしょうが、 若い人達はどのように感じたのか聞きたい所です。 このようなアニメが、世界中の人々に見られ、平和の大切さを皆で共有できればと つくづく思いました。



PICK UP

  1. からだ想いごはん
  2. 京都伊勢丹イベントのお知らせ
  3. 西大寺店 シトラスパフェ
  4. からだ想いごはん
  5. からだ想いごはん

取扱商品

  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
PAGE TOP