井上千鶴の言葉

井上千鶴のことば

透かし有 苔   立秋   暦の上では立秋、そろそろ秋の気配が何処かに感じられる頃ですが、今年は(多分去年も)毎日、35度、36度、37度と気温が 上る一方です。しかし、今朝5時に目覚め、空を見ると夏空というより、少し秋めいた小さなブロック状の雲が並んでいます。 鰯雲のように見えたのは、秋を待ち望んでいるからでしょうか。 何はともあれ、植物の水やりが頭から離れない私にとっては、しっとりとした秋の訪れが待ち遠しい事です。 人間は環境の子と言われますが、植物を見ていると環境の表現そのものの様に思われます。水分の好きな苔類は不足すると、 出来るだけ、水分の拡散を防ぐ為に体を小さくし、葉を閉じ一見枯れた様になります。 そうして、ひたすら水分が補給されるのを待っています。大樹等は、水分が不足すると頭の先から葉を落します。あるいは、 体調不良の時は(虫が入ったり、栄養分が足りなかったり)子孫を残す為に、出来るだけ花を咲かせて実を成らして、死に 備えます。植物の種類によって,光と水分のバランスは多種多様です。私の浅い経験の中でも、いろいろな物が、 その置かれた環境に必死になって、生きようとしている様が手にとるように感じられます。 そんな事を思いながら、毎夕水やりに精を出しています。



PICK UP

  1. からだ想いごはん
  2. 京都伊勢丹イベントのお知らせ
  3. 西大寺店 シトラスパフェ
  4. からだ想いごはん
  5. からだ想いごはん

取扱商品

  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
PAGE TOP