井上千鶴の言葉

井上千鶴のことば

運動会

 

自宅の仕事場では、近所の小学校、

幼稚園から流れる運動会の練習向けの

音楽やアナウンスが夏休み明けから

しきりに聞こえてきました。

今日は10月10日体育の日です。

孫の運動会に行くようになって六年目、

今回が最後の小学校の運動会です。

一年生の小さな子供から、ほとんど大人と

同じ位の体格、身のこなしの六年生迄、

可愛らしい姿です。

娘も通っていた同じ小学校という事もあり

私の父母も孫の運動会に来てくれていた事や

三年前に亡くなった主人が娘の頃と同様、

孫の生き々としたスナップを撮っていた事が

昨日の事のように思い出されます。

もう父、母、主人、三人とも居ません。

月日は人の歩みとは関係なく過ぎて行きます。

校舎や運動場の鉄棒、桜の木々は

30年前と同じなのにと思ってみると目頭が熱くなります。

その間に娘は大人になり、結婚もし、子供も授かり

その子が、今や小学校六年生になっているのです。

この様な感慨にふけながら、応援の声や、音楽の

流れる騒がしい中で一人静かな時が流れていました。

毎年終わり近くに人気の高学年による組み立て体操が

あるのですが、今年からは危険を伴う競技は見直す

方向なのか、何段も競って高くした組み体操も今年は、

三段になったものの、子供達が真剣に取り組む姿は

見る者を感動させてくれます。それに続く最後の

リレーも思わず大きな声で「京華ガンバレ。」と

叫ぶ程、興奮しました。

子供達の一生懸命に取り組む姿、

その様子を暖かな眼差しで見る保護者達、

いつ迄も平和な日本でありたいと思った一日でした。




PICK UP

  1. からだ想いごはん
  2. 京都伊勢丹イベントのお知らせ
  3. 西大寺店 シトラスパフェ
  4. からだ想いごはん
  5. からだ想いごはん

取扱商品

  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
PAGE TOP