井上千鶴の言葉

井上千鶴のことば

写真

 

平成27年も折り返し点に来ました。1年の過ぎる

早さは年と共に比例しているのでしょうか。

私は今、35m/mやスリーブのモノクロフィルムの

整理をしています。

主に人物のスナップやポートレート等、博道が

産経新聞社のカメラマンとして働いていた時代

から近年の物迄あります。私と結婚する以前からの

物なのでフィルムの表紙になぐり書きした文字を

頼りに整理します。

中には、上司海雲師や司馬遼太郎さんの物が

どっと出てきます。本当に懐かしい思い出が目に

浮かび、40年程も昔の事を昨日の事のように思い

出します。

 

写真の持つ魅力の一つは見る人をその時代に

引き入れることではないでしょうか。特に人物、

ポートレートはその最たる物です。

私が幼かった頃、友人が家に遊びに来たら

必ずアルバムを見せて話したり、トランプや

ゲームをして遊んだものでした。

最近では、アルバムはもう作らないのでしょうか。

考えてみれば、私自身、仕事をしだした30年前

からは、アルバムを作った事もなく、博道が娘が

幼い頃に嫁に行く日の為にと家用と娘用に

同じアルバムを各々作っていたのを思い出す

ばかりです。家庭的でなかった自身の事を

棚上げして、昔の家庭の暖かさを懐かしむとは

いい気なものですが、古いポートレートを見て

何とも言えない哀しい気持ちになりました。

ゆっくりと時間の流れる昔の遊び、人と人との

交流。現代のいつも忙しく立ち働く私達の暮らし。

どちらが良いのか、あるいは選択出来るのか。

考えるばかりですが、時間は待ってくれません。

ただただ毎日、仕事を続けなければならない

のでしょう。少しばかりの楽しみをその中に

見出しながら。

こんな事を思うのは、少々鬱(うつ)気味ですね。




PICK UP

  1. からだ想いごはん
  2. 京都伊勢丹イベントのお知らせ
  3. 西大寺店 シトラスパフェ
  4. からだ想いごはん
  5. からだ想いごはん

取扱商品

  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
  • 麻小物
PAGE TOP